<   2007年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

久々に野球、そして屈辱・・。

昨日、草野球やってきました。
ビームの山田かつろう君らが中心になって結成した
小劇場寄せ集め草野球チーム

子供を保育所に送りとどける都合で途中からの参加
途中から9番キャッチャーではいる。

余談だが、小学生のとき地域単位のソフトボールのチームに入ってました。
大阪市で3位のチームで結構強豪チームでした。
大阪市の大会後の練習試合では優勝チームを撃破したりもしました。
僕そのチームのレギュラーやったんですよ。
2番セカンド、カワナミ君でした。
2番セカンドというとかの有名な野球漫画「ドカベン」の殿馬くんです。
技巧派で俊敏な選手が担う位置です。
今でも僕の気質的にはその位置のつもりなのですが、
たいてい野球をするとキャッチャーをやらされます。
デブだからです。
「デブはキャッチャー」
この認識は間違えていると思うのです。
プロ野球のキャッチャーでデブっていてないですもん。
古田・矢野・城島・阿部・・・・ね、そうでしょ。
この認識もきっと「ドカベン・山田太郎」の影響なんだろうな・・。

とか思いつつ、本当はファースト以外の内野を守りたかったが
キャッチャーのポジションにつきます。
ピッチャーは尼崎ロマンポルノって劇団の田米(タメ)くん。
高校のとき野球部でピッチャーやってた本格派です。
カーブとか投げます。キュインと曲がります。
めっさ、手が痛かったです。
途中からピッチャー変わって山田かつろう。
彼も小中学校と野球をやっていたらしく、
サイドスローから切れのいい玉をほりこんできます。
バシバシ三振とってましたが、僕の構えたところと逆ばっかりでした
結果オーライです。
打つ方は屈辱の2打席2三振・・・。
練習ではバシバシエエあたりできんのに・・。
こんなんちゃうねん、こんなんちゃうねん・・・。
もっと僕できるこやねん・・・。
半泣きになりました。

特に2打席目の三振。
相手のピッチャーは「島田紳助さん(51)」
※実はこの日の試合相手は紳助さんのチームだったのです。
51歳のおっさんが繰り出す直球に空振り三振・・・。
ああなさけない・・・。

試合も大敗11-2

前に一緒に芝居させてもらった
パンチみつおさん(近江住宅のCMの黒澤さんじゃないほうの人ね)
と世間話をして、悔し涙を胸に家路につきましたとさ・・。


あまりにも悔しいので誓いを立てます。

宣言① 体鍛える
宣言② なんか球技やって球感取り戻す

有限実行!
やるぜ!
[PR]

by namiwo | 2007-04-12 15:36 | 趣味